FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年が経ちました。

2012.07.25.06:00

入院治療を行ってから早2年が経ちました。
ボクくんの状況はというと、乳製品・卵共に克服出来ていません。

卵は本人拒否で進めてないのですが材料に少量程度は大丈夫ですので、
少し頑張れば食べれる様になるかも知れません。

乳製品は飲める量がどんどん減ってしまいました。、
ほぼ毎日「牛乳20ml」を飲み続けていますが、
口内のいがいがする痒みは無くなりませんし、
体調により蕁麻疹・呼吸症状が出る事もしばしばあります。

乳製品が「原材料に含まれる」程度は大丈夫ですが、
症状が出る事もあり、家族が観察の上食べさせています。

学校給食も一時は脱脂粉乳入りのパンも食べられていましたが、
食後の運動誘発が度々起こり、給食のパンはやめました。

給食職員さんのアレルギー物質除去はきちんと出来ていて、
誤飲食も無くやって来られたのですが、

3年生になってから新たな問題が
給食当番での給仕が原因だろうアレルギー反応が2度も発生!

「ボクくんが誤飲食していないのに目が腫れてきてまして
と、5時間目頃に職場に担任が慌てて電話をしてきました。
同時に父親にも教頭から電話が入り、近くにいた父が迎えに行きました。

呼吸困難は起こしていないと聞いたので、大したこと無いだろうと思っていましたが、
その症状は結構ひどく、追っかけ家に帰った私はびっくり!
ボクくんの瞼は何日も泣きはらしたかの様に腫れ、
身体もだるかったらしく寝込んでいました

ポララミンを飲ませて症状は進まなかったので、
病院に連れていくこともせず寝かしていましたが、
その日は夜8時頃まで起きてこられませんでしたし、
瞼の腫れも翌日の晩にようやく引いた様な状況でした。

担任に状況を確認したところ、その日ボクくんは給食当番で
事もあろうに、食べてはいけないチーズスパゲティーを給仕していたとの事。
かっぽう着を見てみると袖から前からべったりとソースが付いていました

担任も・教頭も平謝り、今後は厳重に注意するとの事でした。

周りが注意する前に、本人が注意する事が大事。
食べなければ大丈夫だろうと、私も油断していました
ボクくんと「食べられないものは触らない・近付かない」を再確認しました。

ところが、その一月後、軽い症状でしたが同様の事が発生

あの日以来、給食当番では食器をくばったりする係りをしていましたが、
その日は品数が多く、給仕する人数が足りなくなったそうで
食べられないものは無かったので、ボクくんも給仕をしたとの事。

給仕していたものは「とうがんのあんかけ」
とうがん??と一瞬疑ってみたが、納得!
最近、きゅうりを食べると口が痒いとボクくんが言い出していたのです。
ウリつながりでとうがんもNG、ありえるかも知れません。

明後日はY病院の2年目の診察日。
瓜系も調べてもらおうかな。

乳製品の事も、
日々の摂取量が少ないので、運動誘発に耐えられないのか?
この先も、口内の違和感はなくならないのか?
摂取をやめたら、また全く食べられなくなるのか?
アナフィラキシーを避ける為に続けて行くことが大事なのか?

色々と悩むところがあるのでよく相談してきたいと思います。

スポンサーサイト

運動誘発アレルギー反応

2011.03.28.08:20

震災後まだ世の中が平穏にはなっていないものの、
昨日は子供達が春休みという事で、どこか連れ出してあげないとと思い。
バーベキューも出来る大きな公園に出掛けました。

最近のボクくんは乳成分が含まれるパンとか、レトルトのハンバーグとかも
食べられるようになっていましたので、
脱脂粉乳が原材料に含まれるフランクフルトも食べられると思い、
みんなと同じように食べさせました。
口の中の違和感も全く無く食べられてましたし、全く心配していませんでした。

ところが、食事のあと子供達は遊具に遊びに行っていたのですが、
しばらくすると、ボクくんが慌てて戻ってきました。

「どうしたの!?」って聞くと
「くるしくて、かゆい。」と咳き込んで首を掻いています。

あー、やっちゃった
少量の乳成分だったのに、運動誘発されちゃったんだなと。

顔色も赤くなってしまい、少しぐったりもしていましたが、
ボクくん咳き込んで戻してしまったからよかったのか、
吸入して薬を飲んで安静にさせたら30分くらいで回復しました。

その後は大丈夫かと心配な程、とびきり元気に走り回って遊んでいましたが、
食事のあとの運動には気を付けなくてはと再認識させられました

学校も給食のあとの体育も控えないといけないかしら

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

その後のボクくん。(退院後8ヶ月経過)

2011.03.20.14:01

ボクくんは2月に入った頃から風邪をひきまして
もの凄い咳と痰が続いて半月以上学校に登校出来ない状態

家族に風邪がループして娘の「おぼ娘」も週一で学校を休んだり行けたりと
そうしている間に母(私)は発熱、インフル疑い病院に行ったら肺炎になってますと

みんなの健康状態の悪い中…ボクくんの牛乳の摂取は回数も量も減っていき…
50mlの量で呼吸の症状&全身に激しい蕁麻疹が出てしまう事もあり

今週はじめにはインフルエンザB型にも罹ってしまい、益々牛乳の量は減少、
今週は25mlの維持でいっぱいいっぱいでした。

ようやくみんなの体調も取り戻せたので、これから徐々に牛乳飲む量を戻して
安定した状態に持っていければいいなと思ってます。


あと、今年になって我が家のアレルギー状況にまたひとつ問題が
おぼ娘がどうも「マグロ」に反応し始めてます。

ある日突然、マグロとねぎとろを食べて気持ち悪くなり、蕁麻疹発症。
ねぎとろの油脂のせいかな~と思っていましたが、
マグロも一定量以上食べるとだめみたいです
今まで普通に食べていたというか、大好物だったので…本人めげてます

実は私も食物アレルギーあるんです。
「キウイ」が成人した頃からだめになりました。
他にも熟した果物は苦手です。
症状は果汁に触れると皮膚はブツブツブツ~と水泡になります。
喉はイガイガどころか胃の入り口まで何かが生えたようないやな感触になります。

そんな訳で…ボクくんの辛さ、少しはわかります。

とうちゃん(夫)もアレルギーマーチな生い立ちなので、
我が家はそれぞれ何かしらアレルギー発症しているのでしょうね


theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

その後のボクくん。(退院後6ヶ月経過)

2011.01.26.22:54

ボクくんはこの1月で7歳になりました。

そして、退院して6カ月が経過。
Y病院の検診にも行ってきました。

暮れから風邪などで体調不良になり、牛乳を飲めない日もあったり、
飲む量も減少してしまい今は100ml飲めるのが精一杯になってしまいました。

検診で主治医のF先生に申し訳無い気持ちもありまして…
なんて言われるか不安でしたが、

「いいんじゃないですかー。頑張ってますよー。
 100ml飲めていれば牛乳そのものが飲めなくても
 原材料に入っているものも食べられているし。
 100mlで維持でいいですよー。」

と明るく言われてほっとしました。

無理して量や回数を増やす必要も無いとの事。
F先生はいつも患者の負担の無い範囲で進める事を提案してくれる。

(K先生だったらもう少し厳しくされてるのかは??)

話を聞くと乳製品の免疫療法は小麦や卵に比べると
思うように進んでいない例がみられる様子でもあり…

私も乳製品はそのものが普通に飲めなくても、多少原材料に含まれるもの、
少量を食材に使用しても大丈夫な程度で維持できればいいと思ってる。

ボクくんにとっては100mlだって飲むのは負担な事。
喉は痒くなるし、息が苦しくなることも…
でもこの治療のお蔭で食べられるようになったものが増えた。
それがわかってるから頑張って飲んでいるんだろうね。

これからも地道に頑張っていきます!



theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

その後のボクくん。(退院後3ヶ月経過)

2010.10.23.06:13

退院してから3ヶ月が過ぎ4ヶ月目を迎えようとしています。

その後のボクくんは…
相変わらず毎日100ml~200mlの牛乳を飲む生活を続けていますが、
3ヶ月経過後の今でも症状は安定したとは言えません。

まず、牛乳を飲むと喉が痒くなり痰が絡んでしまいます。
この症状は毎回で、ボクくんはお茶と交互に飲まないと無理な様で、
最後にしっかりうがいをしています。
口のまわりに牛乳が付くと微妙に赤くなってます。

飲んだ量には関わらず、ほぼ3日に一度は呼吸の症状が出て吸入をしています。
症状が出るまでの時間は直後から1~2時間後とまちまちです。

口内や喉の痒みがひどくなる事や、まれに蕁麻疹も出ます。
そんなときはポララミン服用で対処しています。

もう毎日の日課となっているし、強い反応は出ないのですが
普通に牛乳が飲める日はまだまだ遠いのかなぁ…と。

しかしながら「乳成分を含む」と言う程度の食品は普通に食べられるようになりましたし、
(カゼインNaを含んだハム等は喉の痒みが出る様ですが…)
卵は減感作が進んでいないものの、少量含んだものは食べられますし、
小麦に関しては全く問題なく食べられる様になったので
ボクくんの食生活はすごーく豊かになりました。

毎日牛乳を飲む、飲ませる事は正直しんどい事もありますが、
症状が出た時の対処も出来るようになりましたし、
食べられるものが増えた喜びの事を思えば、
辛抱して続けていけるんだと思います。

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

プロフィール

うんぱるんぱ

Author:うんぱるんぱ
おぼ娘  (中1・12歳)
*超偏食で食べられない 物いっぱい!

ボクくん (小3・8歳)
*食物アレルギーで只今牛乳と格闘中!卵もそろそろ戦いましょう^^;

の二人の子育て奮闘中の働くアラフォーかあちゃんです。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。